建築関連の本を探すなら、建築BOOK.net!

建築BOOK.net
サイトマップお問合せHOME
本
建築書籍分類
建築一般 建築住宅 建築家 建築史 インテリア 建築環境 建築造園 建築構造 都市環境・景観 不動産 建築法令 建築積算 CAD 建築受験書 建築雑誌
サイトについて
建築BOOK.netについて リンクについて 免責事項
建築用語辞典
建築リンク
スキルアップスクール
実践通信講座


● 建築関連書籍

都市環境・景観
他の分野から探す
景観の分析と保護のための地生態学入門
欧米で社会貢献する学問分野として認知されている地生態学の「研究史」「調査法」「景観・環境保存の事例」を紹介する研究入門書。
鳥たちに明日はあるか―景観生態学に学ぶ自然保護
人口が増加し、自然環境が失われていくのを目の当たりにして、野生動物とどうしたら共生できるのか。人間社会の枠組を超え、地域や世代、時代を超える普遍的なテーマに言及する。日本の状況を解説した章を加筆。
風景と記憶
原初の森に分け入り、生と死の川をわたり、聖なる山々に登る―人間は風景をどのように見、創りあげてきたか。これまでの歴史学の手法をすべて捨て去り、大いなる小説を読む感動を与える風景論の名著、ついに刊行。
水と世界遺産 景観・環境・暮らしをめぐって
世界遺産は、地域の活性化や自然保護にとって大きな意義をもっている。しかし一方では、自然保護対策と地域住民との摩擦、急激な観光化による景観や環境の破壊、暮らしの変化など、新たな問題も生じている。そして、世界遺産を支える地域社会そのものが崩壊しつつある事例も少なくない。 はたして、世界遺産が人類の遺産であるとともに、地元の遺産となりうるのか、地元住民の暮らしとの共生は可能なのか。   知床、白神、屋久島、熊野、五箇山・白川郷、京都、首里城など日本の七つの世界遺産と、中国・麗江をはじめアジアの五つの世界遺産・候補地に焦点をあて、もっとも重要な資源である水という視点から、世界遺産のこれからを考える。
景観保護の法的戦略―景観・アメニティに関する裁判と環境政策の形成
景観問題の裁判の歴史をたどると環境が人の暮らしにいかに大切な要素かという事がわかる。景観保護の法規制と環境政策についても言及
月瀬幻影―近代日本風景批評史
江戸期以降、明治・大正・昭和前半に至る日本人の風景の享受にかかわる主観的変遷を辿り、日本の風景論・環境論の基礎概念を社会学・歴史民俗学・深層心理学の諸成果を採用し、人文科学方面からも検討する。
農山漁村の“空間分類”―景観の秩序を読む
日本の村落空間の景観の秩序を「空間分類」の体系として捉え、その実態解明を試みる。農山漁村の村落景観の背後に隠された、住民による生活空間の意味づけの秩序を、理論的・実証的に検証する。
景観デザイン [環境・都市システム系教科書シリーズ]
社会の風景を形成するきわめて創造的な行為である「景観デザイン」の専門家を目指す建設技術者を育成することを目的とし、正しいデザインプロセスを通して総合的な空間を構成する一連の技術を、わかりやすい構成でまとめる。
第三空間―ポストモダンの空間論的転回
現実空間/想像空間という二項対立を超える多元的な「第三空間」の理論が、グローバリゼーションを批判するラディカルなポストモダニズム、カルチュラル・スタディーズ隆盛への道を開く。現代社会批判の理論的出発点となる書。
風景の研究
倫理学、哲学、イギリス文学、アメリカ文学、フランス文学、ドイツ文学、社会学、人類学が描き出す古今東西の風景、景観、空間、風土、景観は不可視の時代精神を映す偶然の鏡か…現実的で幻想的な「風景」の世界。
諒設計通信講座
建築BOOK.net情報提供


TOP
Copyright © 2006 建築BOOK.net All Rights Reserved. by info@architectbook.net ※当サイトはリンクフリーです※